女性が礼服を身につける時のマナー

礼服は色々な場面で利用する機会が多く、冠婚葬祭いずれの場面でも着用する服装です。
また、夫婦同伴のパーティや子供の入学式や卒業式など、様々な行事でも活躍します。
人生の中ではそれほど着る機会が多いとは言えませんが、社会人として必ず一着は持っておきたい服です。
また普段着る機会が少ない服装だけに、一般常識についてはしっかり身につけておく必要があります。
人は見た目で相手を判断する性質があるので、どんなに人間性が良くても最初に会った印象が悪いと誤解を招いてしまいます。
そのためにも、きちんとした服装のマナーを知ることが重要です。
マナーを心得ておかないと周りからルール違反と指摘されることになりかねないので、いざという時のためにしっかり備えておきましょう。

色とデザインは慶事と弔辞で使い分ける

礼服のマナーで大事になってくるのが色で、参加する立場によって配慮する必要があります。
慶事で親族の場合は、主役の新婦さんの色を配慮して白に近いベージュや薄ピンクの色は避けるべきです。
一般で参加する場合は、その場に花を添えるように、華やかな色味の物を身につけると良いです。
色を黒にする場合は身につける小物で明るい印象に仕上げるようにしましょう。
弔事の場合は、親族、一般共に着用する服装の色は、黒もしくは濃紺あるいはダークグレーが一般的です。
そして忘れてはいけないのが素材で、慶事の席では光らない素材を身につけるようにします。
昼間の時間帯は光を抑えた素材を、夜は光沢がある素材を使用してもかまいません。
弔事の席では昼夜に関係なく、ウールやポリエステル素材がオススメです。

目につきやすい靴には注意が必要

女性の礼服の中で、一番目につきやすいと言われているのが靴です。
結婚式の場合、華やかな靴がオススメなのですが、公の場なのでそれなりのマナーがあります。
オススメは光沢のあるエナメル素材のハイヒールで、靴の色はワンカラーにするのが正式です。
つま先のあるアクセサリーがついている上品で華やかなデザインの靴を選びましょう。
喪服時の女性の靴は、故人に敬意を表する意味で黒色に統一します。
革の素材は殺生をイメージさせるので、喪服用の靴は布製にすることです。
オープントゥ以外のシンプルなデザインの革なら問題はありませんが、黒の布製パンブスの靴がオススメです。
弔事の際はくれぐれもツートンカラーや柄物の靴、肌の露出が多いミュールやサンダルなどは避けるようにしましょう。